頬のたるみがひどい!マッサージ・エクササイズ・化粧品で対策術!

頬のたるみがひどい・・・と、鏡を見る度ため息を付いてしまう。頬のたるみは正しい方法で取り組めば解消できます。このサイトではマッサージ・エクササイズ・おすすめ化粧品の3つのアプローチからひどい頬のたるみの改善方法をご紹介します。

© 頬のたるみがひどい!マッサージ・エクササイズ・化粧品で対策術! All rights reserved.

20165/12

だるだる肌を持ち上げろ!ヒアルロン酸注射でたるみ改善

ヒアルロン酸は、人体の中に存在し、水分を多く含み、肌のハリとうるおいを保つ効果があると言われている成分です。このヒアルロン酸を注射すると、肌のたるみを改善する効果が表れます。

 

肌のたるんだところをヒアルロン酸によってボリュームアップさせて持ち上げることで、たるみを目立たなくし、みずみずしさや若々しさを作り出します。

 

ヒアルロン酸がもともと体内に存在する成分であるために安全性が高く副作用も少ないと言われているうえに、美容整形手術と比べて手軽で即効性があるのが、ヒアルロン酸注射の魅力的なところです。

 

体内に注入されたヒアルロン酸は、時間が経つにつれて少しずつ吸収されていきます。そのため、せっかく得られた効果も、3カ月から半年ほどでなくなってしまいます。

 

同じ効果を得るためには、再度の注射が必要になります。効果が永久的に続かないのは残念なことですが、異物として体内にいつまでも残留し、体に悪影響を及ぼす…といった心配がない、と考えると、メリットでもあるとも言えます。

 

やりたいけれどちょっとコワい ヒアルロン酸注射の失敗リスク

手術を伴わずに注射一本ででき、しかも注入成分の安全性が高いということで注目されているヒアルロン酸注射ですが、失敗のリスクが全くないわけではありません。

よくある失敗にはどんなものがあるのでしょう?

 

矢印皮膚の壊死

ヒアルロン酸が動脈に注入されることで血管が塞がり(塞栓と言います)、皮膚に酸素や栄養が届かなくなって壊死してしまうことがあります。

医師の知識や経験の不足によるミス、不純物の混入したヒアルロン酸の使用などが原因として考えられます。

 

矢印肌表面のボコボコ・膨張

ヒアルロン酸の注入が均一に行われなかったために、肌表面がボコボコしたり、ヒアルロン酸が水分を含んで不必要に膨張してしまったりすることがあります。

ヒアルロン酸を浅い層や間違ったところに注入してしまったのが原因と考えられます。

 

失敗を避けるポイントは、医師選びにあります。
塞栓も肌表面のボコボコや膨張も、注射する医師のミスが引き金になることがほとんどです。また、このような症状が表れたときに迅速に適切な処置を施すことができるかどうかが、取り返しのつかない失敗になるかならないかの分かれ目になります。

確かな知識と豊富な経験を持ち、周りからの評判も良い医師を選ぶようにしたいものですね。

201511/18

肌のハリにはどちらが良い?ヒアルロン酸とコラーゲン、違いを知って賢く肌ケア

肌のハリを保つのに欠かせない成分、ヒアルロン酸とコラーゲン。化粧品の成分などでおなじみのなので、名前は知っていても肌にいいってことぐらいしか…

たるんだほほは、大きな毛穴を招きます

小鼻の脇辺りからほほに向かってできる、滴、楕円形などの形をした毛穴、「たるみ毛穴」と呼ばれています。これは、たるんだ肌に引っ張られて、丸い毛…

たるみに効くおすすめサプリメントその2【プラセンタEX100】

頬のたるみは、肌の弾力成分であるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が加齢や紫外線などの影響で減少することで引き起こされます。 &nb…

たるみに効くおすすめサプリメントをご紹介【すっぽん小町】

頬のひどいたるみの原因は、コラーゲンが不足して肌の弾力を支えられなくなることです。もともとお肌が持っているコラーゲンですが、残念ながら加齢と…

たるみ解消エクササイズでのNG事項&生活習慣でNGなことって?

次にエクササイズをするうえでの注意点と、知らない間にたるみを引き起こす生活習慣について見ていきましょう。 まず顔の…

ページ上部へ戻る